にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

にきび跡のレーザー治療

にきび跡が治らない、という人が最終的に頼みの綱とするのが、医療機関でのレーザー治療でしょう。にきび跡の症状に応じたレーザー光を当てて、治療していく方法です。

さて、にきび跡に光を当てる治療といえばフォトフェイシャルもありますが、フォトフェイシャルとレーザー治療とはどう違うのでしょう。

まず、使う光が違います。フォトフェイシャルに使う光はIPLというものですが、レーザー治療の場合、にきび跡の状態に応じて、使うレーザー光の種類を何にするか医師が選ぶという形になります。つまりレーザー光は、一種類だけではないってことですね。



また、フォトフェイシャルとレーザー治療とでは、出力パワーにも差があります。基本的には、レーザー治療のほうが出力が高いですね。そのため肌への刺激はフォトフェイシャルよりも強くなりがちです。


ですがその分肌の奥までレーザーが届くため、フォトフェイシャルでは対応できないようなニキビ跡でもレーザー治療なら対応可能となるのです。では、実際ににきび跡治療に使われているレーザーがどんなものか、一部紹介していきましょう。


たとえば、にきび跡の皮膚の凸凹をレーザーで治療する場合、軽度なものであれば炭酸ガスレーザーを使って皮膚を平らにするケースが多いですが、これでは対応できないほどの凸凹やクレーターなどがある場合、さらに強力なサイトンレーザーを使用したり、炭酸ガスレーザーとクールタッチレーザーを併用したりという工夫をします。



にきび跡のレーザー治療で使われるレーザーの種類は、この他にもまだまだいろいろあります。最近は患者側がレーザー治療についてネットなどで事前に調べ「このレーザー治療をやってほしい」と医師に申し出るケースも多いようです。


ですが、やはりニキビのレーザー治療についてよく知っているのは、当たり前ですが患者側ではなく医師のほうです。患者側から「これがいい」とごり押しするよりは、医師がベストと思って提案してくれるレーザー治療を受けたほうがいいでしょう。

もちろん、「なぜ自分にこのレーザー治療が適しているのか」等の説明等はきちんとしてもらい、納得した上で治療を受けるようにすることは大切ですけどね。



免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス