にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

ニキビができやすい食べ物について

ニキビができやすい食べ物について

1.アルコール

アルコールは、ニキビの炎症を悪化させるばかりではなく、
ビタミンや栄養素の低下を招き、にきびのできやすい環境を作る原因になります。

ニキビ治療に専念するために、お酒は控えめにしましょう。


2.香辛料

カレーなどのスパイシー系の料理に含まれる香辛料などの刺激物は交感神経を刺激し、肌荒れの原因になることがあります。

食べ物には、交感神経を刺激するものと、副交感神経を刺激するものがあります。交感神経が刺激されると体は緊張した状態になり、副交感神経が刺激されるとリラックスした状態になります。


ストレスが多くなるとこの交感神経が刺激され、血圧が上昇したり、消化器系の働きが弱まったり、血中の糖分が増えたりと、生活習慣病にもつながる可能性があります。

特にストレスが多いときなど、スパイシー系の料理や唐辛子やこしょうなどの刺激物の摂りすぎには注意しましょう。日常的によく摂取されるコーヒーに含まれているカフェインなども、交感神経を刺激しますが、比較的ソフトな刺激なので一日に1〜2杯であれば問題はありません。

刺激物に限らず、すべての食品において過剰摂取にならないように食事全体に気をつけましょう。

 

3.チョコレート

しばしば、チョコレートを食べるとニキビができるという話を聞きますが、チョコレートとニキビの悪化とは無関係であるとが科学的に証明されています。

この話の実態は、にきびができやすいとき、つまり生理前や仕ストレスが溜まっている時などに、体がチョコレートなどの甘い物を欲していることが多いということにあります。

つまり、チョコレートが原因なのではなく、精神状態やホルモンの
バランス
を崩してしまっていることがニキビ悪化の原因だといえるでしょう。

確かに、チョコレートは脂肪分を多く含みます。
高脂肪食品を摂取することで、皮脂分泌を促すことはあります。
しかし、どの食べ物も過剰摂取は危険です。適量であれば、それほど心配しなくても良いでしょう。

 

4.ピーナッツ

ピーナッツも、チョコレートと同様にニキビの原因にされやすい食べ物の代表格です。

一般的には、植物性脂肪は、動物性脂肪よりもにきびができにくいといわれています。
しかし、おつまみ用のピーナッツは、大量の油やバターなどで味付けされ、熱加工されている場合が多くあります。そこに問題があるといえるかもしれませんが、生のままか素焼きなら問題はありません。

また、チョコレートと同様に、確かに総合的に脂質が高いという面では、にきびができやすい食べ物とも言えるかもしれません。

しかし、こちらもまた、適量であればそれほど心配しなくても大丈夫です。

脂肪分の取り過ぎに関しては、ピーナッツだけではなく、食生活全体で考えた方がいいでしょう。

免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス