にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

お肌のタイプとにきびのできやすさ

にきびができやすいかどうかは、お肌のタイプによっても異なってきます。

もっともにきびができにくい、理想のお肌のタイプといえば普通肌。皮脂分泌の量が適切で、「肌が適度にうるおっていながら、毛穴が詰まるほどに分泌されない」という状態ですから、これがまさに「目指すべき理想のお肌のタイプ」ということになります。


ニキビができやすいお肌のタイプの代表格は、脂性肌でしょう。脂性肌はとにかく皮脂分泌が過剰、というタイプ。「ちょっと気を抜くとすぐに顔全体がテカテカになる」という人はまさにこのタイプです。

顔が皮脂でべたついているので、肌に汚れがつきやすく、大きく開いた毛穴に、皮脂と汚れが詰まってにきび化しやすい状態になってしまいます。


また、過剰に分泌された皮脂が肌表面で酸化して、肌にダメージを与えるようになるため、肌が厚くごわついた感じになってしまったり、デコボコした感じになっている人も少なくありません。

では脂性肌とは逆の、皮脂分泌が足りない乾燥肌ならにきびができにくいのかというと・・・残念ながらそうでもないんですよ。


乾燥肌の場合は、肌のバリア機能が低いため、角質層がカラカラに乾いて硬くなっているケースが多いんです。この硬くなった角質が、毛穴を詰まらせているのですね。


そしてややこしいのが混合肌。
混合肌とは、「ほおなどは乾燥しているけど、Tゾーンなど顔の一部は皮脂分泌が多い」というタイプですね。
この混合肌は「脂性肌と乾燥肌両方のデメリットを持っている」といえるわけですから、皮脂の過剰分泌によるニキビ発生、角質の詰まりによるニキビ発生、どちらのリスクも高いといえます。

ニキビケアそのものも「オイリー部分と乾燥部分」によって使い分けが必要になってくるので、どこがオイリーでどこが乾燥しているのか、自分でよく肌の状態を知っておく必要がありますね。

こうしていろんな肌タイプを見てみると、結果的には「にきびができにくいのは普通肌のみ」ということになります。正しい洗顔やスキンケア、生活習慣の見直しなどを通じて、「普通肌になること」を目指したいものですね。

免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス