にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

にきびの薬の種類

にきびの薬の種類は、ざっと大きく分けると、ニキビに直接塗って、外側からニキビに働きかける「外用薬」と、水とともに服用して、内側からにきびに働きかける「内服薬」とがあります。この中で、もっとも手軽なものといえば、薬局で手に入る外用薬タイプのにきび治療薬でしょう。

ただし、こうしたにきび用の外用薬そのものがいくら優れた効能を持っていたとしても、肌の状態が清潔でなければ意味がありません。

ニキビ薬をつける日も、そうでない日も、洗顔で「しっかりと汚れを落とす!」ということは常に意識しておきましょう。にきび対策の基本です。


特に女性の場合多いのが、泡洗顔での失敗です。スポンジやネットの水分を多くしすぎて、泡がゆるくなってしまうんですね。具体的に言えば、頬に泡をつけて、顔の上をすぐにその泡が滑り落ちてしまうような状態では、汚れ落とし効果もほとんど期待できません。


泡にしっかりとコシがあり、皮膚にピッタリとついて、汚れを吸着してくれるような泡で洗顔してこそ、泡洗顔の効果があるわけです。

泡洗顔を毎日やっていてもニキビが出来やすいという人は、洗顔用スポンジやネットの水分をこれまでより減らしてみましょう。もちろんスポンジやネットそのものを清潔に保つことも不可欠です。


にきび用の内服薬といえば、しみやそばかすなどにも対応しているビタミン系の薬がもっとも手に入りやすいですね。


ただし、効果はあくまで「これひとつでにきび治療ができる」というものではなく、補助的なものですので、「今よりもある程度マシになればいい」と考えられる人が服用するのがベストでしょう。

市販薬では効かない、という場合は医師にもっと適切な薬を処方してもらうことになります。その中でも「最強のにきび治療薬」といえるのがイソトレチノインですね。



イソトレチノインのにきび治療薬としての力は群を抜いており、ほとんどのにきびに対して有効といえます。 これを聞くと「じゃあお医者さんに頼んで最初からイソトレチノインを出してもらおう」と思いがちですが、イソトレチノインは効果が高い分、副作用も大きいという大きなデメリットがあります。


たとえば、妊娠中の女性に対してイソトレチノインを処方する医師はまず居ません。なぜなら、副作用によって胎児の発育に悪影響を与えてしまう可能性があるからです。


その他にも、イソトレチノインの服用によって起こりえる副作用は、うつ症状や肝機能障害など深刻なものが多いので、あくまで「何をやってもにきびが治まらないときの最後の切り札」として考えるべきでしょう。

免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス