にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

にきびにいい食べ物

にきびの大きな原因として「食生活の乱れ」が挙げられます。にきびができやすい食べ物として、甘いものやカフェインなどの刺激物、そして脂っこい食べ物などは、にきびの発生率を上げてしまうと言われています。

たとえば「生クリームたっぷりのケーキに、苦いコーヒー」などは、たまに食べるくらいならともかく、毎日食べるのは問題、と言えるわけですね。

では、ニキビを出来にくくさせる体を作る「にきびにいい食べ物」とはどんな食べ物でしょうか?
答えは・・・「基本的に、ビタミン類を多く含む食べ物」だと考えればいいでしょう。



皮膚の健康を保つビタミンAを作り出すベータカロチン。活性酸素を除去するなど、酸化抑制作用が期待できるビタミンCとビタミンE。


体内の脂質をきちんとエネルギーとして代謝したり、免疫機能を正常化させたり、疲労回復をして体全体の抵抗力を上げるなど、さまざまな働きが期待できるビタミンB群。

これらのビタミン類を豊富に含む食べ物を積極的に摂ることを心がけるとよいでしょう。これらのビタミン類を豊富に含んでいる食べ物をひとつひとつ挙げていくとキリがないので、ざっとした内容で紹介すると・・・



野菜(特に緑黄色野菜)・肉類(脂の固まりは取り除く)・魚類(特に青魚)・豆類・海藻類、このあたりを積極的に摂取するように心がければOKです。

ビタミンCに関しては、果物の摂取も非常に有効ですね。毎日同じ種類の食べ物を食べるのではなく、「日によって違うものを食べる」ということを心がけるとベストです。

また、食事の際に「イライラした気持ちを持ったまま食べない」というのもおすすめですね。にきび対策として、ストレスはにきびを発生・悪化させる要因になるだけではなく、食べ物の消化にも悪影響を与えてしまいます。

いくらニキビにいい食べ物を食べたとしても、ストレスでその効果が台無しにされてはもったいないですよね。

仕事などでストレスが溜まっているな、と感じている人は、そのストレスフルな状態でいきなり食事を始めるのではなく、大きく一回深呼吸をして、さらに一口の水をゆっくり、ゆっくりと飲んでみて下さい。これだけでも、ストレスはある程度緩和されるはずです。


免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス