にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

にきび対策について

美しい肌を保つためにできること

もしニキビができてしまった場合は、にきびの初期症状(白にきびや黒にきび)の段階で、にきびを治療することが理想です。

しかし、肌の健康状態や体質などによっては、毛穴内が炎症を起こしたり化膿したりしてしまい、治療する前に状態が悪化してしまうことがあります。

そうなってしまうと、もう元ような美しい肌には戻れません。美しい肌を保つためにも、ニキビをつくらないこと、つまり予防することが最も重要です。

にきび対策・予防は、できてしまったにきび治療するよりも、ずっと簡単で、負担もありません。

まずは、にきび予防の基本を抑えていきましょう。

 

にきび予防

1.にきび予防対策の基本

ニキビを予防するには、毛穴の詰まりを解消する事と過剰な皮脂分泌を抑制する必要があります。

たとえ、白ニキビや黒ニキビになってしまったとしても、予防の基本さえ意識し継続していれば、比較的短期間で治療することが可能です。



2.毛穴の詰まりを予防する方法

毛穴の詰まりは、不十分なスキンケアと加齢による肌ターンオーバーの乱れから起こります。古い角質が毛穴にとどまり、汚れやほこりや皮脂などが混ざった物質が毛穴に栓をしてしまうのです。毛穴の詰まりを予防するためには、毎日の正しい洗顔で、清潔で瑞々しい肌を保つ必要があります。



3.ニキビ予防のための洗顔法


● クレンジングを行う。

● 入浴または蒸しタオルを2〜3分程度顔に載せ、毛穴を開いた状態にする。

● 洗顔料をよく泡立て、やさしく洗う。

● すすぎは、30回以上すすぎ、2〜4分程度。

● 乾いた清潔なタオルで水分を拭き取る。

● 基礎化粧品で保湿と肌の水分補給を行う。



4.皮脂の分泌を抑える方法

過剰な皮脂分泌は、ニキビが出来やすい肌の状態を作り出します。
それを避けるためには、食生活と生活環境、洗顔法などを改善する必要があります。

糖分や脂質の多い食品を多く摂取すると、皮脂の分泌量が増加します。
ストレスや睡眠不足も分泌増加の要因であり、気をつけたいものです。
生理前後のホルモンバランスが乱れる時期には、これらのことを特に注意して下さい。

皮脂分泌には男性ホルモンの分泌が大きく影響しているので、もしそれが深刻な原因となっている場合は、病院やクリニックで相談しコントロールすることも可能です。

 

5.コラーゲンと保湿力


コラーゲンは、皮膚のハリを出すだけでなく、保湿力を維持するために欠かせません。ストレスや加齢によりコラーゲンが減少し、肌全体の保湿力を失うと肌の代謝力が低下します。肌の代謝が衰えると、表皮にある古い角質が残ってしまい、毛穴を詰まらせます。

さらに、たるみによって毛穴の開きが助長されると、毛穴に汚れやほこりが落ちやすくなります。結果として、古い角質と汚れやほこりが混り合い、不純物質の塊として肌に定着し、肌の悪いサイクルを作ってしまいます。

 

▼食事からコラーゲンを摂取

肉や魚にコラーゲンは多く含まれます。骨や軟骨、腱、皮、内臓などを摂取するように心がけましょう。摂取したコラーゲンはアミノ酸に分解され吸収されます。
その後、再び体内でコラーゲン化する時に、その生成を助けてくれるのがビタミンCです。
コラーゲンを積極的に摂取したい場合は、ビタミンCを含む食品を同時にとるとよいでしょう。


▼皮膚科治療でコラーゲンをつくる

皮膚科で行う治療には、LEDなどの優しい光を使用した治療法があります。
痛みや副作用もないため、安心して治療を受けられます。気軽にクリニックで相談してみましょう。

 

6.紫外線は毛穴を詰まらせる

皮脂が不足しているときに強い紫外線にあたると、肌がバリア構造をつくろうと表皮を硬くします。やわらかさと弾力を失った肌は、古い角質がはがれにくくなり、代謝力の低い肌をつくってしまいます。

また、紫外線の刺激によって、アクネ菌の分泌がうながされ、活性酸素を作り出します。
活性酸素により、皮膚細胞は傷つき、老化作用を促進させてしまうので、注意が必要です。

また、活性酸素は紫外線だけでなく、たばこの喫煙や車の排気ガスによっても作られます。毛穴をつまらせないために、外出時は紫外線と空気環境には十分に配慮しましょう。

 

7.ニキビ予防のための抗酸化対策

抗酸化作用のあるビタミンCとビタミンEを摂取して抗酸化対策を行います。

ビタミンCはイチゴやレモンなどの果物から、ビタミンEはナッツやモロヘイヤなどから、これらの栄養素を多く含む食品を積極的に摂取しましょう。

上に述べたように、紫外線(UV)対策、排気ガス対策、禁煙などに注意し、食生活や生活習慣、環境や精神面など、あやゆる対策を多面的に行うことで、ニキビ予防への効果は高まっていきます。


免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス