にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

UVケアでにきび予防

ニキビ予防といえば「顔を清潔にする」「睡眠をとる」「食生活を心がける」などといったことが思い浮かびますが、意外と見落とされがちなのがUVケアです。実はニキビと紫外線は、深い関係があるんです。

紫外線が肌に当たると、ニキビに関するさまざまな悪影響が出てきます。

毛穴に詰まった皮脂が酸化してコメド化するほか、アクネ菌の分泌物に紫外線が当たると活性酸素が大量発生する、紫外線から肌を守ろうとするメカニズムが過剰に働き、角質が厚くなって毛穴を塞ぎやすくなる。また、肌がひからびる事による、バリア機能の低下やニキビ跡の色素沈着が起こりやすくなるなどです。



つまり、紫外線を浴びることは、ニキビの発生リスクを上げ、さらに治りにくい状態にもしてしまうという、まさに「にきびに関する悪影響のダブルパンチ」を浴びるのと同じことなんです。にきびの予防・早期治療にはUV対策も欠かせないポイントになるというわけです。


日焼け止めなどのUVケア用品が必要となりますが、「UVケア用品なら何でもいい」というわけではありません。肌のことを考えると、紫外線吸収剤が使用されたUVケア用品は避けることをおすすめしたいです。


紫外線吸収剤はその名のとおり紫外線を吸収してくれるのですが、その紫外線を吸収した状態の吸収剤は肌の上で化学変化を起こしてしまうんですよ。


化学変化を起こした紫外線吸収剤を長時間つけたままにしておくと、肌トラブルを招くリスクが高まってしまうのです。


紫外線吸収剤は、特にSPF値が高いUVケア用品に使われているケースが多いので注意しましょう。

そもそも、日常生活においては、それほどSPF値が高いUVケア用品を使う必要はありません。SPF50なんて、南国の海の直射日光下で遊ぶときくらいしか必要ないレベルですよ。

「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」「ケミカルフリー」などと記載されているUVケア用品なら、紫外線吸収剤が入っていませんのでおすすめです。


免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス