にきびを治す方法ならコレ!!〜口コミ・評判・人気ランキング〜

洗顔料を選ぶポイント

にきび対策として洗顔料を選ぶポイントとしては、「汚れをしっかり落とせること」「肌への刺激が少ないこと」の2点が特に重要となってきます。

たとえば肌にやさしいといわれる弱酸性の洗顔料は、確かに肌への刺激は少ないのですが、「洗浄力が弱い」という、にきび対策としては致命的な欠陥を持っているものも少なくありません。

洗浄力が弱い洗顔料は、古い角質や皮脂汚れを落としきれず、これが積もり積もってニキビ発生原因となってしまう、ということもあるわけです。 ですから弱酸性にこだわりすぎず、中性・アルカリ性の洗顔料にも目を向けてみるといいでしょう。



「でもアルカリ性の洗顔料は肌とまるでPH値が違うから刺激が強いんでしょう?」と心配になる人もいるでしょうが、そんなことを言ったら、アルカリ性である石けんの立場がありません。石けん洗顔での肌トラブルって、かなり少ないですよね。

私も体は石けんで洗っていますが、アルカリ性だから肌状態が悪くなった、などということはありません。

つまり、たとえアルカリ性であっても、洗顔料はずっと肌につけるものではなく「すぐに洗い流す」というものですから、PH値による影響はそれほど気にする必要はないわけです。

むしろ肌への刺激として注意しないといけないのは、スクラブ入りの洗顔料ですね。




スクラブの中にはかなりの硬さがあるものも多いですし、そのスクラブで毛穴から汚れをかき出してやろうと、スクラブを肌に強くこすりつけるような洗顔をするのは非常にまずいです。


にきび対策のための洗顔料としては、基本的にはさっぱりタイプで「洗い上がりに、わずかに肌のつっぱりを感じる程度」のものがいいでしょう。

そうしたタイプの洗顔料の中から、さらに「ニキビケア・アクネケア用の成分が入っているもの」を選ぶのもいいと思います。


スクラブ入りのものは避けるか、選ぶとしてもスクラブが硬くないものにしましょう。そして「絶対にスクラブを強引に肌にこすりつけるような洗顔はしない」と心がけることが大切です。

免責事項

当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。
ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
また、著作権は放棄しておりません。

にきびにいい食べ物  にきびに悪い食べ物  にきびの種類について  白にきびとは?  黒にきびとは?  黄にきびとは?  赤にきびとは?  思春期にできるにきび  おでこ・頭皮にきびとヘアスタイル  にきびの芯をだすと?  にきびを潰す(メリット・デメリット)  にきびの薬の種類  市販のにきび治療薬の注意点  あご(顎・アゴ)のにきびの原因と対策  胸のにきびの原因と対策  頭皮のにきびの原因と対策  背中のにきびの原因と対策  にきびの原因  顔ダニが原因のにきび  にきびとストレスの関係  洗顔でにきび対策  大人にきびの原因と対策  毛穴の詰まりの予防  ビタミンCでにきび予防  敏感肌のにきび対策  にきび発生後の刺激対策  にきび跡が残るメカニズム  にきびと活性酵素  喫煙によるにきび  プラセンタ注射でにきび予防  にきび跡からシミへ  UVケアでにきび予防 睡眠不足とニキビについて  ハーブでにきび対策  にきびとターンオーバー  お肌のタイプとにきびのできやすさ  にきびに効くサプリメント  にきびに効く化粧水  にきびに効く漢方薬  ニキビは皮膚科へ?  洗顔料を選ぶポイント  にきび跡のレーザー治療  ケミカルピーリング  フォトフェイシャル  ニキビとホルモンバランス